ダイヤモンドサスペンションとペースト

お客様のニーズに応える高品質ダイヤモンドサスペンションとペースト

MetaDi®

ダイヤモンドサスペンションとペースト

ビューラーのMetaDi®ダイヤモンド懸濁液とスラリーは、高品質の多結晶および単結晶ダイヤモンド研磨製品で、再現可能な性能と優れた試料品質を提供し、ほとんどの材料に最適な製品です。

変形を最小限に抑えながら、最大限の材料除去ができるように設計されており、研磨時間を短縮しながら、市場の他のダイヤモンド製品よりも優れた表面仕上げを実現できます。
クラス最高の再現性
粒子径と形状の厳格な品質管理により、再現性のある表面仕上げを実現します。
短時間での試料作成
高濃度のダイヤモンドは、多数の鋭い切断面を有し、効率的に材料を除去し、効果的かつ迅速に表面を研磨します。
コンタミネーションの防止
砥粒径単位での色分けにより、クロスコンタミネーションを防止します。

多結晶と単結晶の比較

材料除去率は、各工程の速度に直接影響します。除去率が高いほど、次のステップにより早く進むことができ、より迅速な分析が可能になり、スループットが向上します。
多結晶ダイヤモンド

多結晶ダイヤモンド

多結晶ダイヤモンドは、その多面的な形状のため、単結晶よりも材料除去速度が速く、変形が少ない。

MetaDi Supreme多結晶ダイヤモンド製品は、試料作成時間を短縮し、変形を低減します。高品質の研磨に必要な量はわずかです。
単結晶ダイヤモンド

単結晶ダイヤモンド

MetaDi 単結晶ダイヤモンド製品は、費用対効果が高く、鉱物やセラミックに最適です。

MetaDi ダイヤモンドサスペンション

MetaDi Supreme 多結晶ダイアモンドサスペンション - 唯一無二の製品

MetaDi Supreme 多結晶ダイアモンドサスペンション - 唯一無二の製品
MetaDi Supreme の独自の配合により、均一なダイヤモンド粒径分バフと高いダイヤモンド濃度が得られ、最高品質で効率的な研磨に最適です。 MetaDi Supremeでは、比較的少量の懸濁液で最高品質の表面研磨結果が得られます。 MetaDi Supremeは、低品質の結果を得るために多量の懸濁液を必要とする市販の他のダイヤモンド懸濁液よりも費用対効果が高いです。MetaDi Supremeは水性製品で、溶剤を含みません。

MetaDi 単結晶ダイアモンドサスペンション

MetaDi 単結晶ダイアモンドサスペンション
単結晶懸濁液は、ほとんどの材料に対して良好な材料除去を提供します。MetaDiは水性で、溶剤を含みません。

無染料MetaDi Supreme多結晶ダイアモンドサスペンション

無染料MetaDi Supreme多結晶ダイアモンドサスペンション
色素を吸収して画像分析に影響を与える可能性のある材料に最適です。

MetaDi 単結晶ダイアモンドサスペンション 油性

MetaDi 単結晶ダイアモンドサスペンション 油性
水に弱い材料の研磨に最適です。

MetaDi コンボ、ダイヤモンドサスペンション & 伸展液

MetaDi コンボ、ダイヤモンドサスペンション & 伸展液
単結晶サスペンションと伸展液の組み合わせで、当社のバーストディスペンシングシステムなどの自動投与システムを使用する際の一貫性を維持します。

MetaDi ダイヤモンドペースト

非常に柔らかい合金、純金属、耐火性金属などの材料は、ダイヤモンドが埋まりやすいため、ペーストの方が研磨に適しています。MetaDi FluidやAutoMet Oil(水に弱い材料用)のような潤滑剤と組み合わせてください。

MetaDi Ultra多結晶ダイアモンドペースト

MetaDi ダイヤモンドペースト
多結晶ペーストは、軟質材料に効率的な材料除去を提供します。

MetaDi 単結晶ダイアモンドペースト

MetaDi ダイヤモンドペースト
天然単結晶ダイヤモンドペーストは、幅広い材料に適しています。

MetaDi II 単結晶ダイアモンドペースト

MetaDi ダイヤモンドペースト
染料を吸収して画像分析に影響を与える可能性のある素材に最適です。

砥粒延長剤と潤滑剤

MetaDi Fluid

MetaDi Fluid
MetaDi Fluidは、ダイヤモンド懸濁液やペーストに使用する水溶性伸展液です。

オートメットオイル

オートメットオイル
AutoMetオイルは、水に敏感な材料に使用することを推奨します。
品番
よくある質問
次の研磨ステップに移行するタイミングは、どのように判断すればよいですか?
米国のANSI砥粒規格とヨーロッパのFEPA砥粒規格はどちらも平均粒径に関するものですが、測定方法は若干異なります。ANSIのサイズは「グリット」という用語で継承され、FEPAの数値は前の「P」で識別されます。比較表はwww.buehler.comにございます。
潤滑は研磨サイクル全体を通して維持する必要があります。少なすぎると、熱による損傷を引き起こし、材料除去を減少させ、バフを急速に劣化させます。バフを回転させたときに、バフがキャストオフすることなく、目に見えて濡れている必要があります。多すぎると、ハイドロプレーニングが発生し、材料除去が少なくなり、研磨剤が無駄になります。
砥粒のサイズは、研磨の各段階で小さくする必要があります。ダイヤモンド砥粒の一般的なガイドラインとしては、現在の砥粒サイズを3で割って次の研磨ステップに使います。
MetaDi Supremeに別のエクステンダーを使用する必要はありませんが、この製品はエクステンダーと完全な互換性があり、必要に応じてMetaDi Fluidなどのエクステンダーを使用することができます。
ダイヤモンド研磨は通常、研磨盤の回転数は150~180回転で行われます。回転数をさらに上げると、研磨中に研磨バフから懸濁液が放出され、無駄が増える可能性がある一方で、材料除去にはほとんど差がないことが実証されています。
消耗品とアクセサリー
関連製品
MetaDi Supremeの塗布のヒントとコツ
  • MetaDi Supremeは、高濃度で非常に研磨効率の良いサスペンションです。市販されている他のダイヤモンド製品に比べ、サスペンションの量は少なくて済みます。MetaDi Supremeに伸展液を使用する必要はありませんが、この製品は伸展液と完全な互換性があり、必要に応じて当社のMetaDi Fluidのような伸展液を使用することができます。
  • 研磨バフは研磨作業中、常に湿らせておく必要があります。バフが新しいか、前回の使用から乾いている場合は、蒸留水で少し濡らしてください。MetaDi Supremeを2~3回(2~3mL)バフにスプレーします。バフが乾燥しないことが重要ですが、研磨中にダイヤモンドサスペンションがサンプルの周囲に溜まるような濡れ方をしてはいけません。控えめに使用することで、MetaDi Supremeは優れた表面仕上げを低コストで実現します。
  • 最良の結果を得るためには、60秒ごとに1スプレー(1mL)のMetaDi Supremeを塗布します。ダイヤモンドサスペンションの正確な塗布量は研磨バフの種類によって異なり、TexMet C、Trident、MicroClothのようなバフは、UltraPadやUltraPolのような硬いバフよりも多く必要です。どのタイプのバフでも、手触りは濡れたままですが、サンプルの周囲に染み込んだり堆積したりしないようにしてください。
製品カタログ
ビデオ
Dr. Mike Keeble
ソリューションの検索
フルラボ金属組織ソリューション
さらに詳しい情報が必要ですか?ソリューションのセクションでは、技術記事の閲覧、推奨処理方法の検索、業界別ソリューションなどをご覧いただけます。
追加のサポートが必要ですか?
プロセスを改善したいですか?アプリケーションの専門家がマンツーマンでお手伝いします。
ラボチームへのお問い合わせ
ラボチームへのお問い合わせ
カスタマーケア
カスタマーケア
クイックリンク
重要な情報にすばやくアクセスしたり、E-Shop にアクセスしたりできます。
Literature
製品カタログ

ビューラー製品カタログの全製品を見る

材料別メソッド
材料別メソッド

材料からメソッドを選択

安全データシート
SDS安全データシート

ビューラーの安全データシートを検索

製品資料
製品資料

ビューラー製品資料の閲覧・検索

試料作製・解析のソリューションをご提供
製品情報