ブログ

Magnesium Metallographic Specimen Preparation and Testing
buehler@_adn

マグネシウム金属組織の作成

マグネシウムおよびマグネシウム合金の試料作製は、マトリックス(組織構成要素)の硬度が低く沈殿物相の硬度の高さによりレリーフの問題が発生すること、さらに金属の反応性により比較的困難です。荷重が高すぎると、切断、研削、または取り扱い中に機械的な双晶形成が起きる場合があります。仕上げ研磨と洗浄作業については、水の使用を回避するか最小限に抑える必要があり、

続きを読む »
Image Analysis for Hardness Testing
buehler@_adn

硬度画像解析

硬度試験は、構成要素特性解析の基本的特色です。この決定的な要因は、重要な材料試験ツールとして、数多くの方式と技術によって達成および測定できます。Rockwell 試験のような、いくつかの硬度試験タイプでは、圧痕奥行きを基礎として迅速で単一の処理結果が得られます。しかし、Vickers、Knoop、Brinell のような、一般に使用されている試験タ

続きを読む »
Advanced Techniques for Hardness Testing
buehler@_adn

硬度試験の先端技術

硬さ試験を含む材料試験は、部材の特性を分析するうえで基本的だが有益な要素であり、数多くの方法及び技術によって遂行できます。硬さ値を決めることで、原材料から、調製された試料、完成品までの、さまざまな材料の性能、耐久性、強度についての価値ある情報を提供できます。今日の競争の激しい世界市場において、正確さ生産性に対する期待が高いため、品質および/または生

続きを読む »
Gage Repeatability and Reproducibility
buehler@_adn

ゲージ反復性 & 再現性

ゲージ反復性及び再現性 (GR&R)とは? 一般的にGR&Rとして知られるゲージ反復性および再現性とは、測定装置の精度と偏り、および測定手段として使用される試験機のその後の有効性を測定するための工程管理(SPC)に使用される統計的手段です。その他の通り、GR&Rには、同じ方法で繰り返される試験のもとで一定の結果(精度)を得

続きを読む »
Non-Destructive Hardness Testing
buehler@_adn

非破壊試験

非破壊試験または非破壊評価は、部材の特性を、その部材を変化させたり壊したりせずに評価する、材料試験の手法です。非破壊試験は、完成材料や原材料について信頼できる情報を速く手に入れたい材料試験産業で重要です。この試験は、生産段階や、材料や製品の使用中に、または不具合時に、診断方法として実施されます。 非破壊試験は、試料の不具合を通じて重要な試料特性を決

続きを読む »
Best Practices Rockwell Hardness Testing
buehler@_adn

硬度試験のベストプラクティス

硬度試験の基本 硬度試験は、ほとんどの材料について、そして一定の金属について特に、過去250年以上にわたりさまざまな形で使われてきた、有用で意味のある、一般的に用いられている機械的な試験です。材料の特性としてその価値と重要性は軽視できません。硬度試験による情報は、決定的な意味のある性能情報と、原材料、調製された試料、完成品までのさまざまな部材の耐久

続きを読む »
試料作製・解析のソリューションをご提供
製品情報